メンバーの個人活動が好調のKAT-TUNだが、15周年のアニバーサリーイヤーを迎えた今年、グループの快進撃も続く。亀梨和也主演ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』主題歌の『Roar』は初動売上で25万枚を突破し、全国ツアー『15TH ANNIVERSARY LIVE KAT-TUN』でファンに感謝を伝え、15周年アニバーサリープログラム『何するカトゥーン?(CX系) 』も他にはない贅沢な内容が好評だ。

さらに9月8日には、今年第2弾となるニューシングルのリリースされる予定だ。日テレ系のプロ野球中継『DRAMATIC BASEBALL 2021』イメージソングかつ『Going! Sports&News』のテーマソングの『We Just Go Hard feat.AK-69』、はジャニーズJr.の美 少年が主演するドラマ『ザ・ハイスクールヒーローズ(テレビ朝日系)』の主題歌『EUPHORIA(ユーフォリア)』の両A面シングルだ。

圧倒的な存在感の「KAT-TUN兄さん」


『We Just Go Hard feat.AK-69』は、7月『音楽の日(TBS系)』と『THE MUSIC DAY 音楽は止まらない(日テレ系)』にKAT-TUNが出演し、パフォーマンスを披露した際、Twitterには「KAT-TUN兄さん、かっこよすぎる」「MV付きのCD欲しくなった」「今日の優勝はKAT-TUN兄さん」とジャニーズの後輩のファンたちが褒めたたえる声が相次いだ。

なかでも、これまでテレビで披露する機会がなかった亀梨のラップは、「最高にカッコイイ」「クールでヤバい」「気品もあってオシャレ」など驚きの声があがった。一方では「カッコいいと思ったら、さすがAK-69さん!」と、ヒップホップファンも見逃さなかった。

野球選手にも愛されてきたヒップホップアーティスト


KAT-TUNに楽曲提供をしたAK-69(エーケーシックスティーナイン)は日本のHIP HOPを語る上で欠かせない存在。マイクを握ってから…

記事全文を読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
人気ブログランキング