亀梨和也主演ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』Blu-ray&DVD BOXが7月28日に発売された。本編映像(約460分)の他、特典映像として、スペシャルメイキング映像(77分)、SNS告知動画集(4分54秒)、通信指令センターの声を担当した声優・下野紘のスペシャルインタビュー映像(4分48秒)を収録。なかでも、スペシャル映像は、全10話に出演したゲスト俳優のインタビューを順に紹介しながら、同作品の制作過程が一部でもわかり、見ごたえがある。

はじめは不安だった小牧要役(松村北斗)


『レッドアイズ 監視捜査班』は、凶悪な連続殺人犯「青いコートの男」を突き止めるサイバークライムサスペンスで、物語は常に張り詰めた緊張感がある。その中で異色なのが、若き天才ハッカー、小牧要(SixTONES/松村北斗)だ。

「自分だけのびのびやって、(周りの雰囲気を)崩していくのが怖かった、遠慮はしたくなかったが、正直気にはなった」とという松村だが、その不安を軽減したのは、何かと反発し合う長篠文香(趣里)とのやりとり。「趣里さんが小牧面白いねと言ってくれてので、最初はそれに助けられていた。カチッとした長篠さんとのコントラストをという思いもあって、助かってた」と話している。一方、長篠(趣里)は、「(松村さんは)新鮮なお芝居をされる方なので、それに純粋に反応していけばいいという感覚がありました。すごく楽しかったです」と、絶妙なコミュニケーションが取れていた様子。

松村北斗の思い入れのあるシーンは6話


先が読めないストーリーの中で、キャスト全員が、誰が真犯人で内通者なのか、先に何が待っているのかわからないまま進んだ撮影。松村自身も、自分自身が結末にどうかかわってくるのかわからず「もしかして小牧が犯人?内通者なのかもしれない、そういう未来が待っていたとしても、含みを持たせないお芝居にした方がいいんだな」と思いながら演じていたという。

松村が最も思い入れのあるシーンは第6話。大学時代の可愛がっていた後輩・悠香(森田望智)が犯人と共犯になったことを小牧に打ち明けるところから、小牧自身の手で彼女に手錠をかけるシーンだ。「一番テストが決まらなくて、2人で現場の方に迷惑をかけた、もう2回は撮れない…

記事全文を読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング