8月23日(月)全国発売のGINGER2021年10月号では、同じ事務所の先輩・後輩でありながら2ショットを披露することもなかった伊野尾慧×神宮寺勇太のふたりが表紙を飾る。新しい時代のフェーズを迎え、人生の価値観が大きく変わった人も多い今。改めて自分のために、誰かのために行いたい、ちょっといいコトについて特集。冨永愛、前田敦子、井手上漠、MEGUMIらが自身の生き様について語ります。



発展途上のふたりの関係、今の印象、さらに深めたい関係性

現在放映中の東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」で、初共演を果たした伊野尾慧と神宮寺勇太。現在、毎日ドラマの撮影現場で顔を合わせているというふたりは、グループの垣根を超えた共演、そして表紙撮影が新鮮だったようで、カメラの前に立つと息の合ったポージングを見せ、じゃれ合っているシーンが多数! 「ここまで後輩とがっつり組むのは初めて。家族よりも、メンバーよりも会っているね」「2年前の金髪の神宮寺を見ていたので、共演するまで『チャラい』と思ってた」という伊野尾。それに対し、神宮寺は「共演する前は自分と同じであまり人に積極的に話しかけない、静かな人だと思っていたけど・・・実際は誰とでもすぐに打ち解けて他の共演者の方とも仲良くなるタイプ。伊野尾くんが窓口を開いてくれるから、現場で僕も話しやすくなって、感謝しています」とコメント。インタビュー中、笑顔が絶えることがなかったふたりのより深まりつつある関係に注目です。

みんなの幸せに繋がる「ちょっといいコト」って?

生きる目標は人それぞれではあるものの、誰もが今以上に自分らしい「幸せ」を求めているはずです。毎日の生活、着こなし、働き方・・・など、そのなかでのあらゆる選択は“心地いいかどうか”に基準が変わってきています。と同時に、人に対して、私たちの社会や環境に対しても、できるだけ優しい自分でありたいとも願っているはず。今号では、自分を含めた周囲の人の幸せに繋がる「ちょっといいコト」について特集。2011年から国際協力NGOジョイセフのアンバサダーに就任している冨永愛は「知ることから始まり、考え、実践すれば変わる」と言い、前田敦子は「心の声に従い、頑張って前に進むと悩んでいたことも自然に手放せる」と。さらにジェンダーフリー、“自分らしく生きる”アイコンとして注目を集めている井手上獏や女優、起業家、1児の母として好奇心を持って常に進化しているMEGUMIに、“心地いい”をテーマにお話を伺いました。ファッションもトレンドやデザイン性以上に“心地よさ”を追求。ストレスフリーでありながらも楽しめるおしゃれを紹介。また自宅にグリーンをほんの少し置くだけで、おうち時間が充実し、心穏やかに暮らせる…の実例取材も。

■素敵なあの人の生きざま
■ストレスフリーなおしゃれ始めよう
■変わらず素敵なブランドの、変化する舞台裏
■私たちのサステナSTORY
■おしゃれな人のおうちグリーンを拝見♪
■ダブルワークの働き方を教えて!  and more

『GINGER』2021年10月号
発売日:8月23日(月)
価格:特別定価 ¥850(税込)
発行:株式会社幻冬舎
Amazon:https://amzn.to/3D8NCpo

記事提供元:ドラマ初共演の伊野尾慧×神宮寺勇太が表紙に初登場。じっくり向き合うのが初めてというふたりが、深めている“関係性”とは | ググットニュース

Amazon:GINGER(ジンジャー) 2021年 10月号
セブンネット:GINGER(ジンジャー) 2021年 10月号
楽天ブックス:GINGER (ジンジャー) 2021年 10月号 [雑誌]

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング