大晦日に放送された「第72回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率が発表され、世帯平均視聴率が第1部が31.5%、第2部で34.3%を記録。2部制となった1989年以降で最低の数字となりました。昨年は第1部が34.2%、第2部が40.3%でした。

今回の「第72回NHK紅白歌合戦」は大泉洋さん、川口春奈さん、和久田 麻由子アナウンサーが司会を担当。今回から「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称が全員「司会」として統一されました。テーマは「Colorful〜カラフル〜」。去年から続く新型コロナのために、わたしたちの日常の暮らしは変わり、彩りの欠けた日々や景色が当たり前のことになってしまいました。 そんな時代だからこそ、2021年最後の夜は世の中を少しでも「カラフル」に彩りたい、そうした思いが込められました。

ジャニーズからはKAT-TUN、関ジャニ∞、King&Prince、SixTONES、Snow Manの5組が出演しました。

近年の紅白歌合戦視聴率


2021年:前半31.5%、後半34.3%(備考:司会 大泉洋&川口春奈/紅組勝利)
2020年:前半34.2%、後半40.3%(備考:司会 二階堂ふみ&大泉洋/紅組勝利)
2019年:前半34.7%、後半37.3%(備考:司会 綾瀬はるか&櫻井翔/白組勝利)
2018年:前半37.7%、後半41.5%(備考:司会 広瀬すず&櫻井翔/白組勝利)
2017年:前半35.8%、後半39.4%(備考:司会 有村架純&二宮和也/白組勝利)
2016年:前半35.1%、後半40.2%(備考:司会 有村架純&相葉雅紀/紅組勝利)
2015年:前半34.8%、後半39.2%(備考:司会 綾瀬はるか&井ノ原快彦/紅組勝利)
2014年:前半35.1%、後半44.2%(備考:司会 吉高由里子&嵐/白組勝利)
2013年:前半36.9%、後半44.5%(備考:司会 綾瀬はるか&嵐/白組勝利)
2012年:前半33.2%、後半42.5%(備考:司会 堀北真希&嵐/白組勝利)
2011年:前半35.2%、後半41.6%(備考:司会 井上真央&嵐/紅組勝利)
2010年:前半35.7%、後半41.7%(備考:司会 松下奈緒&嵐/白組勝利)
2009年:前半37.1%、後半40.8%(備考:司会 仲間由紀恵&中居正広/白組勝利)
2008年:前半35.7%、後半42.1%(備考:司会 仲間由紀恵&中居正広/白組勝利)
2007年:前半32.8%、後半39.5%(備考:司会 中居正広&笑福亭鶴瓶/白組勝利)
2006年:前半30.6%、後半39.8%(備考:司会 仲間由紀恵&中居正広/白組勝利)
2005年:前半35.4%、後半42.9%(備考:司会 仲間由紀恵&山本耕史/白組勝利)

【注目記事】
1/21放送「ザ少年倶楽部プレミアム」ゲスト発表
永瀬廉、玉森裕太との“私服被り”エピソード告白「たまれん最高」と反響
嵐・松本潤 「ジャニフェス」初の総合演出で魅了、裏方徹し「ムービングステージ」も導入

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング