3月4日『雑誌の日』を記念して『第8回カバーガール大賞』が発表され、表紙を飾った回数の一番多かった男性を表彰するメンズ部門は「King & Prince」の平野紫耀が3連覇を達成。殿堂入りを果たした。



2021年は「King & Prince」として24時間テレビのメインパーソナリティーを務め、初の地上波冠番組『King & Princeる。』を成功させる他、Twitterアカウント・Instagramアカウント・YouTubeチャンネルを開設するなど精力的に活動。それに比例するようにグループで様々な雑誌の表紙を飾った。

さらに平野個人としても数多くの表紙を飾り、映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜ファイナル』の公開期間は怒涛の表紙ラッシュに『#平野紫耀雑誌祭り』とSNSを賑わせるほど。売り切れが続出し、重版が決定する人気ぶりは健在だ。

2022年はグループ初のドームツアーも控え、更に魅力を増していく平野紫耀の活躍から目が離せない。

『カバーガール大賞』とは
2021年(1月1日〜12月31日まで)に発売され、オンライン書店Fujisan.co.jpで取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約10000誌を調査。表紙を飾った回数の多かった女性を選定し、第8回カバーガール大賞受賞者として表彰するもの。『第8回 カバーガール大賞』では、大賞およびエンタメ・コミック・グラビア・ファッションの各部門賞と10代〜30代でトップを飾った方々の他に、男性の中で最も多く雑誌の表紙を飾った方をメンズ部門として表彰。さらに、読者やファンに印象的な話題やニュースを届けた表紙・表紙を飾った人物を讃え表彰する『話題賞』も発表する。

『第8回カバーガール大賞』受賞一覧

【大賞】えなこ
【メンズ部門】平野紫耀(King&Prince
【エンタメ部門】遠藤さくら・賀喜遥香・筒井あやめ(乃木坂46)
【ファッション部門】川口春奈
【コミック雑誌部門】えなこ
【グラビア部門】えなこ
【話題賞】non-no創刊50周年
【10代部門】沢口愛華
【20代部門】えなこ
【30代部門】大政絢

記事提供元:King&Prince平野紫耀、「カバーガール大賞」メンズ部門3連覇で殿堂入り | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング