毎週土曜日11時からFM NACK5でオンエアのラジオ『Saturday Morning Radio KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT』。その人気コーナーのひとつ、『アポなしテレフォン』は、亀梨和也が電話で話したいとメールを送ったファンに電話をかけて話をするコーナー。毎回、環境も性別も年齢も違う相手の話を興味深く聞いて、臨機応変に会話のキャッチボールをする亀梨の会話力には定評があり、その大らかな人間性や飾らない気さくさ、チャーミングな素顔がにじみ出て、SNSでもたびたびトレンドになっている。

5月28日の放送回の『アポなしテレフォン』コーナーで電話をかけたのは、2013年10月期のドラマ『東京バンドワゴン下町 大家族物語』で、亀梨の姪役、堀田花陽(かよ)役で共演した尾澤るな(当時は、尾澤ルナ)ちゃん。現在は19歳だが、共演当時の11歳から変わらず芝居が好きで、素敵な演者になれるよう頑張っているという。

亀梨からの電話を受けたるなちゃんは、「まさかかかってこないだろう」と思っていたそうで、驚き、慌てた様子。亀梨も「ドラマの共演者とアポなしテレフォンで話をするなんて初めて。こんなケースはなかなかないよ。当時はランドセル背負って学校通ってたよね。ラジオにメールくれるなんて大丈夫なの?」と驚きながらも、懐かしそうに笑い、おじさんと姪の関係性のまま、何度も「かよ〜」と呼び掛けた。

遠回りにはラッキーが落ちている


東京バンドワゴンから8年。演技一本で頑張ろうと思った時期にコロナ禍になり、オーディションも減り、これからどうしようと悩んでいるというるなちゃん。「青(ドラマの役柄)としてではなく、亀梨としてちゃんと話す」と真摯に向き合い、亀梨派「まだまだ20歳だから、焦る必要はない」と言いながらも、「自分もその頃を思うと焦る気持ちも分かる。でも周りの大人たちにはまだまだ先が長いよと言われていた」と当時を振り返る。

「お仕事が欲しいなあと思ってる時の“渇き”はすごく大事で、将来もその気持ちは忘れちゃいけないと思う」

「ありがたいことにすごく仕事が忙しく目まぐるしくなってくると逆に、自分の時間が取れないことや経験できないことも増えてくる。目の前のことに応えていかなきゃいけないから、経験できることが増えてくる一方、自分の時間が取れないことで経験できることが少なくなってくる」「結論から言うと“遠回りはラッキーがいっぱい落ちている”」など。

それらの言葉は、俳優として…

記事全文を読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
人気ブログランキング