嵐の二宮和也くんが主演を務める映画「ラーゲリより愛を込めて」(12月9日公開)のセブンネット限定グッズ付きムビチケカード前売券が、セブンネットで予約受付中です。


映画『ラーゲリより愛を込めて』今治ミニタオル2枚セット付きムビチケカード前売券(一般)<セブンネット限定>

グッズのみはこちら


映画『ラーゲリより愛を込めて』今治ミニタオル2枚セット<セブンネット限定>(ムビチケカード前売券無し)【1月中旬お届け分】

映画『ラーゲリより愛を込めて』特報 12月9日(金)公開】


第11回講談社ノンフィクション賞、第21回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した辺見じゅん氏の同名ノンフィクション作品の映画化。敗戦から12年目に遺族が手にした6通の遺書。ソ連軍に捕らわれ、極寒と飢餓と重労働のシベリア抑留中に死んだ男のその遺書は、彼を敬慕する仲間たちの驚くべき方法により厳しいソ連監視網をかいくぐったものだった。悪名高き強制収容所(ラーゲリ)に屈しなかった男たちのしたたかな知性と人間性を発掘した感動の傑作。

主演の二宮和也くんは、第二次世界大戦終了後にシベリアの強制収容所で旧ソ連の捕虜となり、絶望する状況下でも生きることへの希望を捨てなかった実在の人物、山本幡男(やまもと・はたお)を演じます。

<あらすじ>

第二次大戦後の1945年。そこは零下40度の厳冬の世界・シベリア…。わずかな食料での過酷な労働が続く日々。死に逝く者が続出する地獄の強制収容所(ラーゲリ)に、その男・山本幡男は居た。「生きる希望を捨ててはいけません。帰国(ダモイ)の日は必ずやって来ます。」絶望する捕虜たちに、山本は訴え続けた―
劣悪な環境のラーゲリでは、日本人同士の争いも絶えなかったが、山本はどんな環境にあっても分け隔てなく皆を励ました。そんな彼の仲間想いの行動と信念は、凍っていた日本人捕虜たちの心を次第に溶かしていく。山本はいかなる時も日本にいる妻や4人の子どもと一緒に過ごす日々が訪れることを信じていた。
終戦から8年が経ち、山本に妻からの葉書が届く。厳しい検閲を潜り抜けたその葉書には「あなたの帰りを待っています」と。女手一つで子どもたちを育てている妻を想い、涙を流さずにはいられなかった。誰もがダモイの日が近づいていると感じていたが、その頃には、彼の体は病魔に侵されていた。体はみるみる衰えていくが、愛する妻との再会を決してあきらめない山本。そんな彼を慕うラーゲリの仲間たちは、厳しい監視下にありながらも、山本の想いを叶えようと思いもよらぬ行動に出る―

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング