King & Princeの平野紫耀が10月21日放送の『この歌詞が刺さった!グッとフレーズ』(TBS系)に出演。ジャニーズを辞めようと思っていた過去やデビュー決定のときに抱いた気持ちを明かした。

平野は、自分が大変なときや雁字搦めになっているときに絶対聞く曲としてMASHの「僕がいた」を紹介。いつかデビューできると信じジャニーズJr.として活動をしていたが、デビューできないまま20歳になったという平野は「20歳でジャニーズJr.だったので、もう辞めようと思っていたんですよ。ジャニーズとしてやっていくのもどうなんだろう?と思っていて」と当時の葛藤を振り返る。

平野は、もう辞めようと思っていたときにダメ元でジャニー喜多川さんにデビューの相談をしに行ってみようと思ったと告白。「僕がいた」の1フレーズに背中を押されたと話し、一か八かの直談判をしに行ったのだと明かした。最初はデビューに前向きではなかったというジャニーさんから平野は「ずっと数字に追われる人生になるよ」と教えてもらったと回顧。その場ではOKはもらえなかったが、ある日ジャニーさんから「明日会見やるから来てね」と連絡があったと語った。

デビューが決まったときに心境を平野は「うれしさよりも僕は覚悟みたいなものの方がでかかったですね」と告白。ジャニーさんと親しくしていたと話し「ジャニーさんからデビューさせてもらえるのは僕たちが最後なんだろうなってなんとなく勘づいてはいたので、ジャニーさんが遺してくれた僕たち、ジャニーさんがデビューさせてくれたことに恥じないような活動をしていかなきゃな(と思った)」と明かした。

記事提供元:平野紫耀、ジャニーズを辞めようと思った過去 デビュー時にした覚悟を告白 | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング