嵐の相葉雅紀が、10月28日に放送されたラジオ『嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス』(文化放送)に出演。幼い頃の祖父との思い出を振り返った。

リスナーから「幼い頃、お好み焼きをナイフとフォークで食べていた」という思い出のメールが寄せられると、相葉は「じいちゃんがさ、ごはんをフォークで食ってたのよ」と祖父との思い出を回顧。相葉の祖父は外食のように平皿にごはんをよそって食べていたそうで、相葉は「それをかっこいいなぁとずっと思ってた」としみじみ語った。

祖父はもう亡くなっているというが、相葉の祖父は定食屋をやっていたそうで「お店が1階で、2階に住居があるタイプの」と懐かしそうに説明。祖父の店のハムカツが大好きだったという相葉は「ハムカツって叩くんだよね、揚げる前に、鉄の鈍器みたいなやつで」とハムカツの作り方を思い返し、幼い頃には調理場に台を用意して祖父の隣でハムカツを叩いていたという微笑ましいエピソードを明かした。

相葉は、祖父の職業に関して定食屋の前には車屋をしていたと告白。続けて「定食屋さんやって、雀荘になって、最後はタクシーのドライバーやってた。結構いろんな仕事してるんだよね」と語っていた。

記事提供元:相葉雅紀、祖父との微笑ましいエピソード告白「かっこいいなぁと思ってた」 | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング