Kis-My-Ft2の玉森裕太が出演しているホームケアブランド「ラボン」の新CM「香りの記憶ってさ」篇が4月19日(水)から全国でオンエア開始される。



“彼氏感”満載な玉森が見られると話題の「ラボン」のCMシリーズ。今回は「ラボン」CMシリーズ初の、玉森による、まるでドラマのような運転シーンが見どころ。

夕暮れ時。ドライブデートの帰り道。窓の外では雨が降り、フロントガラスに水滴が流れている。助手席に座る彼女に「香りの記憶ってさ、消えないんだって。」 「忘れられないんだって。」とつぶやく彼。車窓に映る晴れた空、運転する彼の横顔、彼女の手に添えた彼の手…車内の『ラボン・デ・ブーン』の置き型タイプやペーパータイプの香りと共に、その日の回想シーンへ。回想から今に戻り、「どうする?」と彼女に問いかける彼。まるで玉森とドライブしているかのような気分になれる、ドキドキを切り取ったCMに仕上がっている。

■撮影後インタビュー
Q. 今回撮影で印象に残っていることや見どころをお聞かせください。
A.印象的なセリフがありまして、『⾹りの記憶って消せないんだって』っていうセリフって、なんかいろんな意味を持たせられるなと思って。届けた相⼿にもどういう意味なんだろうって、ちょっと含みを持たせるような⾔い⽅ができるように⼯夫しました。

Q. 『⾹りの記憶って消えないんだって』という冒頭のセリフにちなんで、⽟森さんの⾹りのエピソードなどあればお聞かせください。
A.すごく良い思い出と悪い思い出があって、悪い思い出の⽅は実家の横に栗畑があるんですね。 で、栗が育ってきた時の⾹りが、ちっちゃい時の⾃分はすごく苦⼿で、⿐つまみながら歩いていました。 その⼀帯だけは(笑)。ちょっと何か独特な強めの匂いといいますか、思い出しましたね。

良い記憶は⼩学校から中学校なんですけど、通学路に焼き⿃屋さんがあるんです、なぜか。 その焼き⿃屋さんがすごくいい匂いがしていて、部活帰りとか、すごくお腹空いていたんですけど、その匂い嗅いで我慢しながら、お家で⺟の⼿料理を⾷べるのを楽しみに通っていたのは、すごく覚えています。

Q. CM の中でドライブ中に歌を⼝ずさんだり指でリズムを取るシーンがありますが、 ⽟森さんの運転中の癖やルーティーンなどあればお聞かせください。
A.ルーティンですね。あるとしたら絶対に⾳楽は流すんですけど、1曲⽬がエドシーランから始まるっていうのは決めてます。⾃分の中では(笑)。エドシーラン好きっていうのが⼀番ですけど、絶対エドシーランに始まってから、あとはその時の気分とかで運転しています。テンポ早いやつもあれば、しっとりとミディアムぐらいの曲もあるんですけど、どんな曲であれ、エドシーランから始まります。

記事提供元:“彼氏感”満載な玉森裕太にドキドキが止まらない!ラボン新CM完成 | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
人気ブログランキング