■亀梨の初めての挑戦であり実験「inside23」
2023年12月29日、亀梨和也がソロライブイベント「inside23(インサイドトゥーミー)experiment N°0」を開催した。会場はbillboard東京、座席数はわずか300席で、生配信も行った。

「これまでたくさんの人に支えられて仕事をしてきた中で育んできたつながりを大切にしたい」という考えから、亀梨自らが企画・制作・食事やお土産のプロデュース、出演すべてに関わりつくりあげた「はじめての挑戦・実験」。

「experiment N°0」の今回は、2006年に主演した恋愛ドラマ「たったひとつの恋」の脚本を手掛けた北川悦吏子が脚本を書き、美容雑誌「MAQUIA(集英社)」で2010年から連載を続けているフォトエッセイ「亀カメラ」のカメラマンである若木信吾が撮影したショートフィルム映像、トークなどを交え、曲は自分のソロ曲ではなく、思い入れがあるカバー曲のみで構成。

「Missing(久保田利伸)」「One more time one more chance(山崎まさよし)」「メロディー(玉置浩二)」「白い恋人達(桑田佳祐)」「OH MY LITTLE GIRL」など9曲を情感たっぷりに大切に歌い上げた。

■NAOTOも亀梨の人気に納得
演奏は、以前から亀梨と親交がある元いきものがかりの山下穂尊が音楽プロデューサーを務め、山下作詞作曲の「月とあたしと冷蔵庫(いきものがかり)」をデュエットで披露した。バンドメンバーも山下はじめ…

記事全文を読む:人気音楽家も「イヤなところがないめちゃいい人」。亀梨和也の本当の評判 | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
人気ブログランキング