なにわ男子の道枝駿佑が主演を務めるドラマ『マルス‐ゼロの革命‐』(テレビ朝日系)の第6話が27日に放送。ゼロ(道枝)が香恋(吉川愛)に正義を語る場面に反響が集まった。

ゼロは香恋を呼び出し、香恋の父親・國見(江口洋介)がマフィアと取引をする、という話をする。香恋がいい加減にしてくれと怒ると、ゼロは「お前が信じてる真実だって本当かどうかわからない」と言い、香恋も國見の本性に気づいているはずだと指摘する。香恋は、ゼロの魂胆はわかっていると口にし「私を人間にしたいんだって? それって倉科エリを追い詰めた罪悪感を抱かせたいからでしょ? けど私は悪くない」と告げる。

すると、ゼロは「『自分の正義に従っただけ』」と香恋の言葉の続きを話し「ならその正義は絶対なのか? 自分は何から何まで正しいって断言できるのか?」と香恋に問う。ゼロは、香恋が間違ったことをしたとは思っていないと認めつつ、自分たちがしたことも正しいと思っていると告白。「正義なんて自分が信じたいことを正当化するための都合のいい言葉に過ぎないんだよ」と意見し「それに気づかず自分の思いをネットにぶつけて悦に浸るのはただの暴力だ。人間の腹の内までは誰も見られない。自分の目に映るものだけが世界のすべてだと思うなよ」と伝えるのだった。

ゼロが香恋に自分が思う正義を語る場面に、SNSでは「すっごい響いた」「誰しもが肝に銘じなければならない」「人それぞれに正義がある」「今の時代のアンチテーゼ」「ゼロの言う通り」など、さまざまな声が集まっている。

記事提供元:『マルス-ゼロの革命-』“ゼロ”道枝駿佑が“香恋”吉川愛に正義を語る 「すっごい響いた」と反響 | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
人気ブログランキング