男性アイドル(ジャニーズ・嵐・NEWS・関ジャニ∞・Hey!Say!JUMPetc.)の最新情報を毎日更新するサイト

Jnews1

    スポンサードリンク

    注目最新ジャニーズ商品|リリース一覧←Click!

    タグ:三浦翔平

    JUMP高木雄也、三浦翔平&桐谷美玲の結婚前両親顔合わせに同席していた
    2019年03月29日
    0コメ

    JUMP高木雄也、三浦翔平&桐谷美玲の結婚前両親顔合わせに同席していた

    3月22日のTBS系「A-Studio」に出演した俳優の三浦翔平が、Hey!Say!JUMP・高木雄也とのエピソードを明かした。

    昨年7月に女優の桐谷美玲と結婚した三浦。そんな三浦にとって気の置けない親友なのが高木であるといい、結婚にあたっても色々な相談事をしたようだ。

    高木との仲良しが高じて三浦は、「結婚する前とかも、うちの両親とうちの今の奥さんと会わせてる時に、雄也も来てもらって」と明かす。

    三浦家と桐谷美玲の顔合わせの場に、なぜか高木が同席したという。

    三浦いわく「なぜか雄也はうちの母親と一緒にお酒飲んで仲良く写真とか撮ったりして」とのことで、三浦・母は桐谷よりも高木に夢中だったのだそう。

    三浦は「うちの母親は雄也が大好きすぎて。結婚式も『雄也に会えるのが楽しみだ』と」と語り、完全に高木にお株を奪われてしまったことを明かした。

    ググットニュース

    記事提供元:ググットニュース

    嵐・二宮和也、「顎のホクロ除去疑惑」の真相を明かす
    V6井ノ原、ジャニーズの親友を語る「最初から仲良かった」
    堂本光一、ジャニーズ公式サイトでの顔写真解禁を知らなかった「びっくりした」
    続きを読む
    三浦翔平、JUMP高木と同棲していた過去を告白「雄也のパンツ洗濯して畳んだ」
    2019年03月24日
    1コメ

    三浦翔平、JUMP高木と同棲していた過去を告白「雄也のパンツ洗濯して畳んだ」

    3月22日のTBS系「A-Studio」に出演した俳優の三浦翔平さんが、Hey!Say!JUMP・高木雄也くんとのエピソードを明かしました。

    ドラマ「ごくせん」(第3シリーズ・2008年)で高木くんと共演した三浦さん。

    三浦さんは高木くんについて「芸能界入って、僕が初めて仲良くなった男なんですけど、最初は仲悪くて」と切り出したのです。

    「ごくせん」がドラマデビューだった三浦さんですが、最初は若さもあって高木くんともバチバチだったのだそう。
    続きを読む
    3/22今夜放送「A-Studio」Hey!Say!JUMP高木雄也を極秘取材
    2019年03月22日
    0コメ

    3/22今夜放送「A-Studio」Hey!Say!JUMP高木雄也を極秘取材

    3月22日(金)今夜放送の「A-Studio」(TBS/23:00〜23:30)のゲストは、ドラマ「ごくせん」でHey!Say!JUMPの高木雄也くんと共演した俳優の三浦翔平さんです。

    三浦翔平さんにとって高木くんは芸能界で最初にできた親友とのことで、番組では高木雄也くんを極秘取材するとのことです。



    【注目記事】
    オリコン「グッズ・マルチメディア書籍」ランキング発表!ジャニーズカレンダーがTOP3独占
    抱かれたい男ランキングが発表!トップ10は?
    3/29「ミュージックステーション 3時間SP」放送決定
    続きを読む
    三浦翔平、松本潤との飲み会エピソードを明かす「スター感が凄い」
    2017年08月13日
    0コメ

    三浦翔平、松本潤との飲み会エピソードを明かす「スター感が凄い」

    8月10日のフジ系「VS嵐」にゲスト出演した俳優の三浦翔平さんが、嵐・松本潤くんとのエピソードを明かしました。

    対戦チームの一人として登場した三浦さん。プライベートで交流のあるという松本くんとのエピソードについて…

    「つい先日なんですけど、先輩たちと飲ませていただいてて。それこそ、潤さんもいらっしゃってたんです。僕、次の日早かったんで“そろそろ帰りたいな”ってオーラ出したときに、潤さんが『おー。いいよ。いいよ』って言いながら、目がメッチャ怖いんですよ。あの目で見られたら『もうちょっと、います』(って言うしかない)。でも、最後は一番優しかったですね」

    松本くんと食事をしたときに“帰さないぞ”という無言の圧力?を感じたという三浦さんです。

    これに対し松本くんは「怖くねーよ(笑)」、「最後だけじゃない!ちゃんと優しかった!」と反論しました。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ